上野ファームの四季

季節とともに移りゆく花たちの共演を垣間見ることができます。
一年を通しての一瞬一瞬をご紹介しますね。

(画像をクリックすると大きな画像が見られます。)

4月下旬

冬から目覚めた大地が、勢いよく緑に囲まれる季節。4月下旬は足元で咲く、とてもかわいらしい小球根から開花がスタート。
射的山斜面では、北海道の春の野草エゾエンゴサクが開花します。

4月下旬の花:エゾエンゴサク、シラー、クリスマスローズ、カタクリ、チオノドクサ、スイセンなど

5月

みずみずしい新緑の美しさを感じる季節。スイセンやチューリップがつぎつぎと開花し、たくさんの球根コレクションを見ることができる素晴らしい季節。

5月の花:クリスマスローズ、スイセン、チューリップ、フリチラリア、プルモナリア、ムスカリなど

6月

植物の成長がさらに加速する6月は、気候も穏やかで過ごしやすい季節です。6月上旬は、アリウムがアートのように開花、6月中旬からはジギタリスやオリエンタルポピーなどが咲きだし、下旬からはバラの開花も始まりさらに華やいできます。

6月の花:アリウム、ゲラニウム、ルピナス、ジギタリス、オリエンタルポピー、エレムルス、バラなど

7月

薔薇と合わせて、さまざまな宿根草の花が競い合う用に開花する7月は、ガーデンがとても賑やかになります。後半は、より迫力ある盛夏の花へとバトンタッチしていきます。

7月の花:バラ、クレマチス、バーバスカム、カンバニュラ、エゾクガイソウ、ヒメヒマワリ、ホリホック、アンジェリカなど

8月

8月に開花する花は、ビビットカラーの花が多く、ガーデン全体がとても色鮮やかに見えます。エキナセアやフロックス、ユリなど豪華な花が多いのも特徴です。

8月の花:エキナセア、フロックス、サラシナショウマ、ヘレニウム、ルドベキア、ユリ、など

9月

涼しくなり、秋の雰囲気が漂う季節。秋のガーデンは、ピーク時よりは花が少なくなりますが、秋しか見ることのできない花もたくさん開花します。9月後半からは、紅葉も始まり、味わいある風景に。

9月の花:ヘレニウム、ダリア、ルドベキア、アスター、秋バラ、オミナエシ、紅葉する木々

10月

まだまだ紅葉が美しい季節、ガーデン全体がアンティークのように色づき、その中で咲く色鮮やかなアスターやドライフラワーのように残している、植物たちのシルエットも素晴らしいです。まるで絵画のような風景は、この季節だけの魅力です。

10月の花:アスター、シュウメイギク、オーナメンタルグラス(美しい穂が揺れるイネ科の草類)、色づく実、紅葉する木々

長い北国の冬、ガーデンは休園となりますが、宿根草が多い上野ファームでは、雪の下で、ほとんどの植物たちが春まで眠りにつき越冬します。